ロゴ
HOME>オススメ情報>睡眠障害は放置しないで早めに解消するのがベスト

睡眠障害は放置しないで早めに解消するのがベスト

看護師

睡眠障害がもたらす影響

睡眠障害は単純に眠れないだけでなく、生活にも支障をきたすことがあります。睡眠障害で多いのが不眠症というもので、集中力が低下したり日中に眠くなったりすることもあります。人それぞれ感じる症状も異なり、逆に周りの人から指摘される症状もあります。自覚する部分では、先ほどもあったような集中力の低下や眠気です。そして、周りの人からの指摘では、いびきや寝言の他に無呼吸状態や脚がピクピクと動くなどの症状もあります。いろいろな原因がある中で特に多いのが、仕事などのストレスの蓄積によって発生することです。場合によってはうつ病へと発展する可能性もあります。不眠状態が続きだるさや集中力の低下が1カ月以上続いている場合には心療内科を受診してみることが大切です。早く治療を進めることで不眠や体の異常を総合的に改善することに繋がります。

男性

改善するための方法

睡眠障害を改善する方法としては、原因を突き止めることが重要です。もちろん、不眠状態が続くと疲れが取れず私生活に支障が出るため、一時的に睡眠薬を服用する人も多いです。そして、本格的に改善するためには心療内科など専門の病院で診察を受けることが大切です。眠れないからといって睡眠薬が処方されるとは限らず、症状や検査で原因を判断して薬が処方されます。実は、睡眠時無呼吸症候群の場合睡眠薬を服用すると悪化させてしまう可能性もあります。そのため、できるだけ早く専門医に見てもらい治療を始めることが必要です。そして、自分でもライフスタイルを見直し、ストレスを溜め込まないようにしたり寝る前に飲食やカフェインも取らないようにしたりする工夫が大切です。軽度であれば、これだけでも症状を緩和することに繋がります。